仙台市および近郊の総合進学塾。信頼と実績のあすなろ学院 宮城の入試事情を知り尽くした講習内容

あすなろ学院 学研グループ

電話番号 0120-1859-05受付 10:00-21:30(日・祝日は休み)

  • 体験授業・学力診断
  • 資料請求・その他ご相談
  • 講習・イベントの申し込み
  1. 久しぶり!NEW新みやぎ模試の偏差値

久しぶり!NEW新みやぎ模試の偏差値

KIMG0004

昨日、新みやぎ模試の偏差値の今年度のものをいただきました。

 

今回は予想に反する偏差値の上下を取り上げます。

 

まずは

台三高(普)→一昨年の高倍率から、昨年の1.25倍へ倍率上は易化

→偏差値は63から64にアップ(仙台一との差がわずか2ポイント)

分析

理数科が1.65倍と一昨年を保っていましたが、偏差値アップは予想していませんでした。

入試制度変更に伴う、安全志向から、一・二高志望者が落としたことも考えられます。

②宮城野高(普)→1.49から1.72倍と倍率上は難化

→偏差値は55から54にダウン

分析

予備調査の段階で2倍を超えていたので、安全志向から、志望を変えた生徒もいたのではないか。

 

一方では

 

予想通りだったのが、

宮城一高(普)→1.09から1.42倍に倍率上で難化

→偏差値も61から62にアップ

分析

一昨年の倍率が低く、安全志向には丁度良い、受け皿になったと思われる。

 

これらを受けて、今年度の入試はどうなるのか?

1回目の定期試験が7月下旬以降がほとんどの、多賀城・塩釜地域にとって、

入試勉強のとりかかりが遅くならないことが一番です。

また、

それらの定期試験も入試で出されるを意識して学習することが大切です。